1. pinterest
  2. twitter
  3. linkedin
  4. facebook

赤外線センサー,近赤外線ビーム遮断方式,4段ビーム同時遮断方式,屋外50m以内,PXB-50HFA,TAKEX,竹中エンジニアリング 4段ビーム同時遮断方式 屋外50m以内 TAKEX PXB-50HFA 竹中エンジニアリング 近赤外線ビーム遮断方式 赤外線センサー 赤外線センサー 近赤外線ビーム遮断方式(4段ビーム同時遮断方式)(屋外50m以内)【PXB-50HFA】TAKEX/竹中エンジニアリング 赤外線センサー,近赤外線ビーム遮断方式,4段ビーム同時遮断方式,屋外50m以内,PXB-50HFA,TAKEX,竹中エンジニアリング 4段ビーム同時遮断方式 屋外50m以内 TAKEX PXB-50HFA 竹中エンジニアリング 近赤外線ビーム遮断方式 赤外線センサー 赤外線センサー 近赤外線ビーム遮断方式(4段ビーム同時遮断方式)(屋外50m以内)【PXB-50HFA】TAKEX/竹中エンジニアリング

赤外線センサー 近赤外線ビーム遮断方式(4段ビーム同時遮断方式)(屋外50m以内)【PXB-50HFA】TAKEX/竹中エンジニアリング










安定と信頼をつなぐ最上級の赤外線センサー環境やエコに対応


[特徴]

■ 外乱光に強い(二重変調方式)

・当社独自の二重変調方式を赤外線ビームに採用することで、外乱光(太陽光や車のヘッドライトなど)との識別性を高め、信頼性の高い屋外警戒を実現します。(5万ルクスの照度変化にも影響を受けません)

■ 悪環境に強い(4段ハイパワービーム)

・感度余裕100倍、距離余裕10倍の4段ハイパワービームを採用することにより、霧や雪、豪雨などの環境悪化時の誤動作を低減します。

■ 蟻など虫が入らない構造(防虫・防滴設計)

・電線を包み込む防虫ブッシングや専用パッキンを使用しているので、IP65相当の防塵・防滴・防虫対策を実現しています。防虫ブッシングは、電線のサイズに合わせてカットするだけで電線の入線口からの虫や水の侵入を防ぎ基板を腐食から守ります。

■ 誤動作が大幅に低減(ワイドピッチ)

・従来機種よりビームの天地方向の寸法を拡大し、4段ビーム同時遮断方式と併せて、鳥や落ち葉などによる誤動作を大きく低減します。

■ 雷に強い(雷対策強化)

・誘導雷による被害を低減するために、耐サージ性能を強化しました。従来のPB-IN-HFに比べて、約10倍の耐サージ性能を有していますので安心してご使用になれます。(当社従来比)※落雷による故障・不具合等を保証するものではございません。

■ 省エネ設計(低消費電流化)

・消費電流を大幅に低減しました。(当社従来比50%以下) 従来よりも小型の電源装置を使用でき、長距離配線時にも太い配線が不要となるため、配線材費用を大幅に削減できます。

■ グリーン設計

(RoHS:電気電子機器に特定有害物質の使用を制限したEU加盟国で定められた指令)

・環境に配慮したRoHS指令に対応しています。(鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ジフェニルエーテルを排除しています)

■ 鳥や小動物を寄せ付けない(バードストッパー)

・センサーの天面に取りつけるだけで鳥などが寄りつきにくくなり、予期できない誤動作を大幅に低減します。

■ 雨にも強い(ウェザープルーフハウジング)

・降雨・降雪時に、雨水や雪がカバーの前面に流れて赤外線が減衰するのを防ぎます。特に冬期の雪融け水がカバー前面で再凍結するのを避けられるので誤動作を低減します。

■ 見やすい照準機構(ダブルリング照準機構)

・照準器に二重リングを採用し、光軸調整時の視認性を向上させています。目を近づけた時と離した時で、それぞれ適切な見え方になります。

■ 視認性の向上(ターゲットカラー)

・内部の成型に視認性の高い色を採用し、カバーを外した際に、遠くからでも確認しやすくして、光軸調整時の作業性を向上させています。また、 投光器と受光器でそれぞれ異なる色を採用して、施工・点検時にも確認しやすくなりました。

■ 光軸角度調整の拡大

・水平方向±90°に加えて、垂直方向±20°を実現。傾斜地における設置にも柔軟に対応出来ます。〈参考〉50mで高低差18m以内、100mで高低差36m以内。

■ 一人で光軸調整が容易(ワイヤレス光軸チェッカー)

・別売のワイヤレス光軸チェッカーを使用することにより、効率良く正確な光軸調整ができます。感度余裕を十分持たせることで、濃霧・雪・豪雨に強く、信頼性の高い侵入警報システムが構築できます。又、蛍光色の採用でターゲットカラーと同様に視認性の高い色を使用しています。
1. 双方向通信機能
2. セルフチェック機能

■ 単管ポール取り付け可能

・単管ポールに取り付けできるようになりました。※オプション品のKPシリーズ(φ42.7mm)は従来通り取り付け可能


[仕様]

・品名:赤外線センサー

・品番:PXB-50HFA

・検出方式:近赤外線ビーム遮断方式(4段ビーム同時遮断方式)

・使用赤外線:LED(近赤外発光ダイオード)による2重変調パルスビーム

・警戒距離:屋外50m以内

・距離余裕(最大到達距離):10倍(500m)

・検知応答時間:0.05~0.7秒(ボリュームにて可変)

・電源電圧:DC10~30V(極性なし)

・消費電流:23mA以下(警戒時) 30mA以下(最大時)

・警報出力
接点方式:無電圧リレー接点:c接点
接点動作:遮光時間出力(ただし、2秒未満の遮光は2秒間出力)
接点容量:AC/DC30V・1A(抵抗負荷)接点保護抵抗内蔵

・環境出力
接点方式:無電圧リレー接点:c接点
接点動作:環境悪化時に出力(連続出力)
接点容量:AC/DC30V・1A(抵抗負荷)接点保護抵抗内蔵

・タンパー出力
接点方式:無電圧接点:b接点
接点動作:受光器カバーをはずした時に出力(連続出力)
接点容量:AC/DC30V・0.1A(抵抗負荷)接点保護抵抗内蔵

・アラーム表示灯
警報出力時:赤色点灯(受光器のみ)

・受光感度表示灯
受光感度減衰時:赤色点灯(受光器のみ)

・付帯機能
変調周波数切替機能、サウンドチェック機能、外部環境診断機能、投光パワー切替機能、投光カバー補正機能、アラームメモリー表示機能、プログラマブルAGC機能、オートゲインロック機能、モニター出力機能、タンパー機能、検知応答時間調整機能、上段/下段切替機能、ワイヤレス光軸チェッカー接続機能

・光軸調整範囲
水平方向:±90°垂直方向:±20°

・使用可能周囲温度:-25℃~+60℃(氷結・結露なきこと)

・設置場所
屋内・屋外(防雨構造IP65相当)

・配線接続:M3セルフアップ端子式

・質量
投光器:約1,500g 受光器:約1,550g

・外観:PC樹脂(ワインレッド)

・価格:70,000円

  • 研究情報
  • 論文発表

一覧はこちら

[2021/09/14]
「発達期の麻酔薬曝露による学習・記憶障害誘導のメカニズムと治療法の発見に成功」(基盤幹細胞学分野 中島欽一教授)
[2021/08/23]
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)の新たな病態メカニズムを解明」(神経内科学分野 山﨑亮准教授)
[2021/08/23]
「ミトコンドリア内にタンパク質凝集体が生じるメカニズムを解明」(臨床検査医学分野 康東天教授・松島雄一助教)
[2021/08/05]
[2021/08/05]
「将来の認知症発症リスクを予測するツールを開発:久山町研究」(衛生・公衆衛生学分野 二宮利治教授)
[2021/07/16]
「マウス多能性幹細胞から機能的な卵巣組織の再生に世界で初めて成功!」(ヒトゲノム幹細胞医学分野 林克彦教授)
[2021/06/23]
「発達期に特定の樹状突起が選択的に強化される仕組みを解明」(疾患情報研究分野 今井猛教授)
[2021/06/04]
「進行肺がん複合免疫療法における新規治療予測効果因子の探索」(岡本 勇 診療准教授・堤 央乃 大学院生)
[2021/05/20]
秋山 雅人講師が令和3年度科学技術分野の文部科学大臣表彰「若手科学者賞」受賞
[2021/05/19]
「レット症候群原因因子による神経幹細胞の分化制御メカニズムを明らかに」(基盤幹細胞学分野 中島 欽一教授)

お知らせ・イベント

一覧はこちら
[2021/09/16]
台風接近に伴う動物慰霊祭へのご参列について
[2021/09/10]
基礎医学部門生体情報科学講座薬理学分野担当教授候補者の推薦について
[2021/09/08]
九州大学医学部(動物実験施設)技術職員の公募
[2021/08/26]
令和3年度動物慰霊祭の開催について
[2021/08/17]
新任教授ご挨拶 脳神経外科学分野 吉本 幸司教授
[2021/08/05]
新任教授ご挨拶 小児外科学分野 田尻 達郎教授
[2021/07/12]
医学研究院保健学部門医用量子線科学分野講師または助教(有期教員) 候補者の募集について
[2021/05/31]
【大学院説明会】研究室紹介サイトの更新について
[2021/05/27]
令和3年度 九州大学医学部 新入生オリエンテーション
[2021/05/21]
令和2年度学位記授与式
[2021/05/12]
新任教授ご挨拶 神経内科学分野 磯部 紀子教授
[2021/04/30]
ウェブサイトの一時停止について
[2021/02/08]
令和2年度医学科・生命科学科卒業式について
[2021/02/04]
森 正樹 教授 最終講義のご案内
[2020/12/24]
令和2年度 医学系学府教育FD(開催報告)
[2020/12/03]
[2020/11/10]
第112回篤志者慰霊祭
[2020/10/19]
医科学専攻・医学専攻および生命科学科ウェブサイトの閲覧不具合の復旧について
[2020/10/16]
医科学専攻・医学専攻および生命科学科ウェブサイトの閲覧不具合について
[2020/09/24]
【人体・病理ミュージアム】本年度の一般公開中止のお知らせ

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

一覧はこちら